投資物件を購入するなら中古マンション投資セミナーで基礎を学ぼう!

ただの代行ではない

男の人

転貸借を許可する契約

サブリースは賃貸経営を代行するサービスとして考えられてしまいますが、実際には代行業とは異なる性質を持っています。賃貸経営を代行する場合には経営に関する諸々の業務をオーナーの代わりに行ってくれるものであり、あくまで決定権はオーナーが掌握しているのが特徴です。代行契約を行う際に権限を与える場合もありますが、契約内容にそれが明記されているでしょう。このため、賃貸経営をする上で必要な入居者との賃貸契約はオーナーが行うという形になるのが経営代行のケースです。それ以外に契約が必要になる場合にも権限を与えていない限りはオーナーが自ら契約をしなければなりません。一方、サブリースの場合には転貸借を許可する契約をする仕組みになっていて、賃貸経営の最終権限は契約をした業者が持つことになります。オーナーは業者に対して転貸借を許可して物件を賃貸するという仕組みであり、賃貸経営に関して権限を原則として持たないことになるのです。そのため、入居者が現れた場合には賃貸契約は業者との間で結ばれることになります。管理業務の一切についても全てその業者が担うことになり、経営において何か問題が生じたときにも業者が解決してくれるのが原則です。ただの代行に比べるとサブリースは業者に任せる部分が大きいのが特徴であり、代行を依頼するよりもオーナーは賃貸経営に関わる責任が小さくなります。経営に関してあまり関与せずに投資を行いたいというときには代行を依頼するよりもサブリースをした方が適しているでしょう。