投資物件を購入するなら中古マンション投資セミナーで基礎を学ぼう!

経済の拠点です

集合住宅

不動産投資で成功している人の多くは分散投資をしています。異なった地域の収益物件を持つことで災害リスクを分散することができます。しかし、地域が分散されていれば、どの地域の収益物件でもよいというわけではありません。なぜならば、人口が減少し続けているようなエリアの収益物件を持っても、空室に苦しむだけだからです。エリアとして考えるべきは三大経済圏です。人口が減少を続ける中で、経済地域は局地化していきます。そして、今まで以上にメリハリのある違いが出てきます。つまり、栄える地域は今まで以上に栄え、衰退する地域はさらに衰退が加速するということです。前者の代表格が三大経済圏なのです。その中でも、大阪に注目です。大阪は、その歴史を辿ってみれば、経済の中心地だった時もあります。現在でも、経済の拠点としては魅力的なエリアです。ただ、大阪への投資を検討していても、大阪に関する見識がないため、投資に躊躇うという人も少なからずいます。このような人たちは、大阪の収益物件を直接保有するのではなく、上場不動産投資信託等のような不動産投資商品を通じて大阪に投資をするとよいです。上場不動産投資信託等であれば、不動産投資におけるプロが自分の代わりに運用を行ってくれます。大阪にある収益物件を取り入れている銘柄もおおくあります。しかも、上場不動産投資信託の場合には、大手不動産会社等とのパイプラインがあるため、個人で投資をするよりも優良な物件に投資ができることになります。